フレーム
学校教育課程

芸術・保健体育教育コース

概要

 本コースは、人間の心と体を使って行われる身体活動や芸術活動に関する実技能力と指導力を持つと共に、それらの活動に関する理論や科学的分析についても深い理解力のある教員の養成を目的としています。音楽教育サブコース、美術教育サブコース、保健体育サブコースの三つが設けられていて、音楽科、美術科、保健体育科に強い小学校教師、小学校についても深い理解のもてる中学校教師の育成を目指します。

教育課程の特色
音楽教育サブコース

音楽教育サブコース

 音楽教育サブコースでは、声楽・器楽・作曲・音楽学・音楽教育などの領域にわたって、多くの授業科目を開講して教育に当たっています。一般音楽大学と異なる点は、教科教育をはじめとする教育系の科目が多く準備されていることです。もちろん音楽の教師を目指すのですから、音楽に関する実技能力を高めていくことは当然ですが、そうした演奏に関わる能力と共に、「教育とは」、「音楽を子供に教えることとは」といった視点から自らへの問いかけがいつもできる学生を期待したいと思います。あなた自身が音楽する喜びを持ち続けると同時に、他人に音楽を伝え教える喜びを持つことができるよう、私たちと一緒に学び考えてみましょう。

音楽教育サブコース
美術教育サブコース

美術教育サブコース

 人類誕生以来、人は常に創造活動に携わって生活し、それは、多 岐の分野にわたり発展してきました。その中でも美術は、人間が喜 びに満ち文化的な生活を営む上で欠かせない大切な分野です。
 本サブコースでは多様な創作活動を通じて感性を養い、自己の 体験を活かし、将来、美術の指導・教育にあたる準備をします。
 専任教員4名と多彩な非常勤講師が、絵画(素描、油絵、 日本画、版画)、彫刻(塑造、木彫、テラコッタ、石 彫)、工芸(木工、金工、陶芸、染織)、デザイン (グラフィック及びプロダクトデザイン、CAD)、美術理論・美 術史、美術科教育法の各授業を開講し、幅広い視野を持って社会で 活躍できる人材の育成を目指し、研究と実習の指導にあたっています。

美術教育サブコース
保健体育サブコース

保健体育サブコース

 保健体育サブコースでは、理論に裏付けられた豊かな運動経験と優れた運動技能を有する行動力のある保健体育教師を養成します。
 本サブコースでは、学習指導の基礎となる保健体育科教育法をはじめ、体育原論、体育史、体育心理学、スポーツリスクマネジメント、運動生理学、スポーツバイオメカニクスなどの専門科目を開講しています。実技系では、陸上競技、体操、サッカー、テニス、バレーボール、剣道、水泳、キャンプ、スキーなど指導法を含めて技能を高められるようにカリキュラムが編成されています。
 これらの保健体育教師に必要な専門的な理論と実技を学習することによって、卒業時には保健体育の中学校教諭一種免許状の取得、小学校教諭一種免許状、および高等学校教諭一種免許状も取得できます。
 卒業後は、専修免許状を取得するために大学院に進学する者をはじめ、小・中・高等学校などの教職を中心に活躍しています。

保健体育サブコース
フレーム