フレーム
総合自然教育センター
附属教育実践総合センター

 総合自然教育センターは、旧教育学部技術科の農場を前身として、昭和62年5月に共同利用が可能な自然教育施設として正式に発足すると同時に、現在地(福井市上伏町)に移転しました。センターでは、学部学生及び附属学校・園の児童・生徒・園児を対象として、総合的な自然観を育成するための野外学習の実践とその基礎的研究を目標としています。
 組織としては、センター長,教育地域科学部から選出の6名の委員、附属の小・中・特別支援学校及び附属幼稚園から選出の各1名の委員の計11名から構成される総合自然教育センター運営委員会のもとに運営されています。その他に、センター活動を直接的に支える非常勤職員3名が配置されています。
 活動としては、学部学生及び附属学校・園の児童・生徒・園児に対する、自然観察・栽培生産学習・集団活動を通した野外教育の実践を主として行っています。
 また、最近は、「大学子ども開放プラン」や「公開講座」として、地域の公民館との連携のもとに、地域の児童・生徒・保護者を対象として、学校教育の中での授業では実施しにくい“ものづくり”活動体験を実施しています。ものづくり実践の面白さ・楽しさをセンター施設を開放して体験してもらっています。

附属教育実践総合センター
フレーム