フレーム
若手教員と研究しよう!
人間文化講座 准教授 田村 容子

1939年の演劇雑誌『百美図』。表紙は京劇女優・孟小冬扮する諸葛亮。

革命現代京劇『紅灯記』。1971年の連環画(絵物語)の表紙より。京劇作品は舞台で演じられるのみならず、映画や連環画の形式でも広められ、プロパガンダ芸術となった。

 大学生のときに初めて行った海外が中国です。茶館でお茶を飲みながら、小さな舞台の上で演じられる劇に熱狂する中国人を見て、その観劇習慣をとても新鮮に感じました。その後、京劇という伝統的な歌舞劇に魅了され、大学4年生のときに中国天津市に留学。以来、京劇を中心に、中華圏の演劇全般に関心をもっています。
 18〜19世紀にかけて形成された京劇は、それ以前の伝統劇を継承する一方、20世紀の激動の中国近代史のなかで、姿を変えながら発展します。演劇は、観客の欲望を反映するという意味で、時代を映す鏡であるともいえるでしょう。そこで、20世紀の上演記録を発掘することで、中国人のものの見方や、中国社会の近代化の過程を考えることを最近の課題にしています。
 また、中華圏の同時代演劇の翻訳・紹介も行っています。北京・上海・香港・台湾など、地域によって異なる歴史や言語を持つ中華圏の演劇の現状を複眼的にとらえ、各地の人々のアイデンティティのありようを、演劇作品をとおして考えていきたいと思っています。
 演劇の楽しさは、やはり劇場での体験に尽きます。授業で脚本や映像などに触れて知識を得た後は、ぜひ実際に劇場に足を運んでみて下さい。

地域政策講座 准教授 保科 英人

日本産タマキノコムシの分類学的研究

 タマキノコムシは、昆虫綱鞘翅目ハネカクシ上科に属する科で、日本からは200種程度が知られている。名前は、「丸くて、キノコを食う虫」と言う意味だが、ヒメタマキノコムシ属、ヒラタタマキノコムシ属のように、体が球形を帯びないグループも少なくない。さらに、チビシデムシ亜科のように、動物の死骸に集まって、腐肉を食うグループもあり、生態的にも多様な分類群である。
 キノコを食うグループでも、シイタケやシメジのような、いわゆる食用キノコはあまり好まず、むしろ樹皮下のカビや粘菌類から捕れることが多い。しかし、ホスト菌類に関する情報はほとんど得られておらず、その生活史は謎に包まれている。
 その理由は、まず、同定が困難であることがあげられる。体長は、最大の種でも、1センチ以下であり、1ミリ台の種も少なくない。また、体色は、ほとんどの種が、茶色か黒色で、また、体型における種間の差が小さく、それらの外部形態による種の識別は困難である。私の研究は、このタマキノコムシが、日本に何種して、そのファウナの生物地理学的特性を明らかにすることにある。

芸術・保健体育教育講座 准教授 湊 七雄

 絵画と版画を専門としています。ここ10年程は、非毒性版画技法の研究に取り組んでいます。一般には広く知られていませんが、美術作品の制作においては、幾多の有害な材料が用いられます。とりわけ版画の分野ではその傾向が顕著で、身体の健康や環境への悪影響が懸念されます。そこで、有機溶剤を使用しない凹版画(腐食銅版画)や平版画(ポリエステルフィルムリトグラフ)などの技法を研究開発し、学校教育現場への応用を試みています。クリーンな環境で、版画の魅力、刷りの楽しさを十分に味わう事の出来る授業作りを目指しています。
 美術作家としては、自然の神秘性をテーマとした平面作品を発表しています。写真は2011年に発表した「Melted Green」(溶けた緑)のシリーズ作品です。芸術表現においては「何で表現するか」よりも「何を表現するか」を大切にしたいと考えます。

 また、NPO法人E&Cギャラリー等でアートディレクションも手掛けています。E&Cギャラリーは福井大学の美術担当教員と学生が企画運営に携わっています。地域社会の文化レベル向上と芸術家の活動支援を目指し、美術界をリードする力ある作家、そして元気な若手作家を積極的に紹介しています。ぜひ一度お立ち寄りください。

社会系教育講座 准教授 門井 直哉

 専門は歴史地理学です。地理学は地表上の諸現象を研究対象とする学問ですが、歴史地理学では特に過去の現象を扱います。私自身は、日本における行政区画の変遷を研究テーマの一つとしています。
 かつて日本には国や郡という行政区画がありました。福井大学文京キャンパスは、昔でいえば越前国足羽郡に位置しています。現代の行政区画は都道府県や市町村となっていますが、国・郡の名称は今でも地域呼称として根強く残っています。ところで、地図で確認してみると、国・郡の大きさは実に様々であることがわかります。必ずしも山や川などの地形によって明確に区分されるものでもないようです。国・郡の範囲が時代によって変化することもあります。そもそも国・郡の範囲はどうやって定まったものなのでしょうか?国・郡の範囲が変わるのはなぜでしょうか?こうした問題について、当時の国家のあり方や在地の動向などを踏まえながら明らかにしていこうとしています。

 このほか、他の専門の教員や学生達とともに「越前若狭いろはかるた」を制作し、その普及活動にも取り組んでいます。かるたを通じて福井県の歴史・文化を長く後世に伝えていければと考えています。「越前若狭いろはかるた」は年末には県内の書店に置かれますので、関心のある方は是非手に取ってみてください。

人間文化講座 准教授 磯崎 康太郎

 ドイツ文学・文化研究を専攻として、19世紀オーストリアの作家アーダルベルト・シュティフターの研究から出発しました。この作家が描きだす、ヨーロッパの伝統と教養の保存形式は、とりわけ記憶のあり方という問題に興味を抱かせました。記憶は、非常に私的で曖昧なものである一方、さまざまな事件をめぐって複数の人間に共有されるものでもあり、また記録として、どこかのアーカイブでひっそりと眠っているものでもあります。覚えるべきと言われてきた事柄は、教養や文化を形成し、時代の流行り、廃りとともに変化しながら、しかしそのなかで残った作品は、語り継がれるべき作品、すなわち「古典」とも呼ばれます。覚えるべき事柄は、たとえば出版物のような形でメディア化され、ひとたびそうなれば、それは半永久的に保存可能となります。メディアの発展とともに、果てしない量の記憶の保存が可能になった現在、それらを取捨選択したり、棄却、すなわち忘却したりすることの方が難しくなっているのかもしれません。このように考えると世の中のさまざまな出来事は、記憶の問題に関連しています。文学、思想、音楽、美術、映画・・・ドイツ語圏がもつ記憶の奥行きの深さに、日々驚嘆しながら、研究に取り組んでいます。

シュティフターの絵画「ヴィッティングハウゼンの廃墟」

附属教育実践総合センター 准教授 大和 真希子

 私は、教育制度・教育経営という分野で研究を続けてきましたが、特に最近、教育実践を規定する法律や制度の下で、学校の先生たちがどのようにして教師らしさを獲得していくのか、ということに関心をもち、これを、教師の「身体」という観点から研究したいと考えるようになりました。教師の身体(たたずまい,非言語行為)に対するこうした強い興味の背景には、私自身の被教育体験-先生の優しい言葉と、それと裏腹な厳しい視線に違和感を覚えた経験-があるような気がします。たとえば、「児童に教師の言うことを聞かせる」状況として、みなさんはどんな光景を想像しますか。私は、この状況を思い浮かべた時、「児童に聞かせる」ための教師の身体の向きや視線、表情、声量や声のトーンなどの細かな要素の集大成が、その教師の行為を成り立たせていることに改めて気づきました。

もしかすると、法や制度に影響され、変わることを余儀なくされる存在であるにも関わらず、教師が教師としての身体を獲得し、駆使する行為は、どのような時代であっても変わらず繰り返されていく営みなのかもしれません。これからも、こうした素朴な関心を常に大切に、教育制度・法律の規定力を考えながら、教師の存在そのものの魅力にもっと迫っていきたいと思っています。

理数教育講座 教授 櫻本 篤司

 私の専門分野は関数解析の一分野である作用素環論です。
 関数解析では関数をベクトルとして扱い、積分を用いて内積を定義します。関数からなる空間は無限次元の空間で、3次元の世界では見られない現象が起こります。この無限次元の空間で行列にあたるものを作用素といい、その作用素からなる集合(作用素環)について研究しています。  また、最近では数学を用いたゲームの研究にも取り組んでいます。
例えばペグソリティアというゲームでは、写真にあるように33箇所のうちの1箇所を空けた状態からスタートし、ビー玉を動かして1つだけ残すことを目的とします。
 ペグソリティアでは、最初に空けた位置の隣に1つだけビー玉を残そうとしてもできません。この場合、いろいろ頑張ってみたけどできなかったからという理由で不可能だと断言することはできるでしょうか。実は可能であるのに、その人が手順を見つけられなかっただけということも考えられます。そこで、その不可能であることを数学を用いて証明するのです。私が現在取り組んでいるのはペグソリティアを発展させたゲームですが、単純なゲームであっても奥が深く、興味が尽きることはありません。

附属教育実践総合センター 准教授 廣澤 愛子
廣澤愛子

 臨床心理学は、心の傷や心の病を抱えた人に対する心理的支援という実際的な関わりをベースに発展してきた学問であり、私自身も、そのような実際的な関わりを大切にしています。人は心の傷や心の病を抱えたとき、その傷に対して自己治癒力を働かせることが知られています。そのメカニズムについて明確なことは分かっていませんが、私自身は「如何にその人自身の自己治癒力が発現してくるか」に最も関心があり、それを研究テーマにしています。また、「自己治癒力の発現」には、こちらの意図や考えを相手に伝えて「教育」するというスタンスはあまり意味がなく、あくまで、本人の主体性が重んじられる環境の中で、本人自らが、自己治癒力を発現させていくことが大切だと考えています。

廣澤愛子
 また、自己治癒力が発現し、それが育まれることに貢献すると思われる「イメージを媒体にした心理療法」を特に重視しています。具体的には箱庭療法や絵画療法、コラージュ療法などです。イメージを媒体にした心理療法を通して、人がその人らしく成熟していく過程を支援することに力をそそいでいきたいと考えています。

理数教育講座 教授 淺原 雅浩
淺原雅浩

 機能性有機材料と教材開発に取り組んでいます。
一つは、光エネルギーを電気エネルギーに変換できる新しい有機色素、逆に電気エネルギーを光エネルギーに変換できる有機色素の開発研究を行なっています。化学は、元素を自在に取り扱う学問ですから、フラスコの中で化学反応を行なうことで、様々な機能を持つ物質を作り出すことができます。例えば光が当たるだけでピカッと光る物質を合成できた瞬間は、胸がときめきワクワクします。もしかしたら、この物質が有機ELディスプレイに使われる日が来るかもしれません。私の研究室では、物質合成はできますが、それをデバイスに仕立てあげて評価することはできませんので、学内外の工学部の先生方と共同研究を実施しています。ある学生さんには、工学部に短期間研究に行ってもらったこともあります。夢のある物質創製研究を日々楽しんでいます。

淺原雅浩
 もう一つは教材研究です。色の濃い有機色素を開発したら、学校でも使える色素増感太陽電池を作りたくなります。なかなか難しいですが、安価で、安全で、再現性の高いシステムができたらいいなと思いながら研究しています。また、中学校で化学反応を学習するときに使用する補助教材も作りました。
社会系教育講座 准教授 中澤 達哉
中澤達哉

 東欧近代史(とくにスロヴァキア、チェコ、ハンガリー)における民族運動・国民形成・ナショナリズムに関心をもっています。なぜ近現代世界の人々は、民族のために命をかけて戦えるのでしょうか? なぜ凄惨な戦争をつづけ、ナショナリズムに身を投じていくことができるのでしょうか? 現代のテロリズムにも繋がるこの問題を解明するひとつの鍵が、民族中心の社会編成原理を18-19世紀に生み出し、20世紀には民族自決権を行使して国家を形成した東欧の諸民族です。民族が国家の主役として認識される際、近代の市民権や人権や自決権のみならず、中世以来の伝統的な封建原理や身分制原理がこれにいかなる影響を及ぼすのかについて、現在スロヴァキアを事例に研究を進めています。

中澤達哉

現スロヴァキア共和国首都ブラチスラヴァの大司教宮殿:アウステルリッツの三帝会戦(1805年)の講和条約締結の地。この前後に東欧のナショナリズムが高揚する。

 また、教育をめぐるナショナリズムとグローバリズムの関係についても研究中です。現在ヨーロッパは百年以上かけて作りあげてきた自国の高等教育制度を、2010年までに全ヨーロッパに共通の、ひとつの制度に統合しようとしています。これを「ボローニャ・プロセス」といいます。これがどのような成果と問題を生むのか、将来の日本の教育制度改革を考える上での重要な参考例として検証しています。

フレーム