プレゼンテーション能力を育成する出前授業

/

社会創生プロジェクトの学習の一環として、5・6年生対象にプレゼンテーション能力を育成する出前授業を行いました。講師は、昨年に引き続き、全国の学校や企業で「話すちから」を育てる出前授業や研修等に取り組んでいる一般社団法人alba edu.(アルバ・エデュ)の竹内明日香さんと芳澤理香さんのお二人です。

今回の授業のめあては、「人前で話すことが好きになること」。「アイデアをたくさん出してイイタイコトをえらぶ!」「『伝えたいこと』を最初に!」「原稿は読まないで、聞き手を見る!!」「最後まで全員に聞こえる声で!」というプレゼンテーションのコツを教えていただきました。

そして、「コピーライターになろう!!」というテーマでワークショップを行いました。グループごとに、「ここに行ってほしいな」「こんなものを売りたいな」ということを相談し、キャッチコピーを考え、実際にプレゼンテーションを行いました。どのグループも、自分たちで考えた「もの・こと・ひと」についてキャッチーな言葉を考え、相手の方を向いてプレゼンすることができました。今日学習したことが、今後の学習や社会創生プロジェクトでの発表の際に活用されることを期待しています。