派遣の流れ

派遣までの流れ

ライフパートナー(LP)の派遣は下記のような流れで行われます。

①各市の適応指導教室へ連絡

児童生徒の状況と求める支援内容、諸条件(活動曜日や時間帯)を伝えてください。

②必要書類を記入し、適応指導教室へ提出

③適応指導教室からLPに関する情報を学校へ連絡

④学校からLPへ連絡。初回活動日の決定

  • 家庭派遣の場合は活動前に、本人・保護者・適応指導教室スタッフ・担任・LPなどで顔合わせを行います。
  • LP訪問中は保護者が自宅にいること等の条件があります。

LP利用にあたってのQ&A

派遣を依頼してから初回の訪問までにはどのくらいの時間がかかりますか?

1~2週問程かかります。

週1回・2時間・12回の活動形態以外での訪問をお願いしたいのですが可能でしょうか?

上記以外の活動形態を希望される場合は、申請の際に適応指導教室にお伝えください。派週開始後の時間の変更は、LPとご相談ください。

12回の派遣終了後も継続を希望する場合、どのようにすれば良いですか?

LPの訪問が8回終了した際に、LPと相談の上「心のパートナー(県事業)」(※詳しくは適応指導教室へ)への登録を行うことで継続が可能です。
また、同一学生の継続ができない場合、別のLPの派遣を要請することもできます。

支援の必要性や不適応がどの程度高い児童生徒をお願いできますか?

専門性を求められる難しいケースはお断りする場合もあります。しかし、適切なサポートができる場合もある為、申請の判断に迷うケースは、適応指導教室までご相談ください。

活動開始後、対象の児童生徒に対しLPが適切なサポートを行うことが難しいと思われた場合、別のLPに交代することはできますか?

できます。適切なサポートができないと判断された場合、速やかに適応指導教室までご連絡ください。

ページの先頭へ