フレーム
学校教育課程

理数教育コース

概要

 自然現象を研究する理科では、数学を基礎とした考え方は不可欠です。また、数学は人間が自然から抽象した形式や概念です。この二つの領域の知識や方法を共有することにより、理科や数学に対する興味を持たせる指導ができます。
 理数教育コースでは専門的な理科や数学の知識を幅広く持つ教師の育成を目指しています。入学後、1年次終了時に理科教育サブコースと数学教育サブコースに分属して学び、4年次に卒業研究をおこないます。

教育課程の特色
理科教育サブコース

理科教育サブコース

 理科教育サブコースには、物理学、化学、生物学、地学および理科教育学の5つの専門分野があります。各専門分野には1ないし2名の教員がおり、学生は2年次から専門分野に分かれて勉強します。模擬授業、実験、野外学習に多くの時間が割り当てられ、教育現場での実践力を有した学生を養成します。いずれの専門分野も教師になるための基礎知識を習得させるだけではなく、専門的な教育・研究も重視しています。
 物理学教室では、液体屈折率の高精度測定による不純物定量法の研究や、レーザーによるプラズマ生成を用いた元素の高感度分析の研究をおこなっています。
 化学教室では、新しい機能性有機化合物や金属錯体の合成および反応に関する研究、環境化学と関連した各種分析法の研究をおこなっています。化学分野の基礎的な講義の他、特に実験を重要視した教育をしています。また、児童・生徒が興味を持って取り組むことができる実験・観察法の開発など化学教育に関する研究もおこなっています。
 生物学教室では、細胞から個体・生態系までの様々な生命システムに関心を持ち、幅広い知識と考察力を備えた教員の養成をめざして教育をおこなっています。所属教員の研究室では、「植物の生殖と発生」や「染色体の構造と機能」についての研究もしています。

理科教育サブコース

 地学教室では、地球磁場変動の解明、断層活動と地殻変動などの研究をおこなっています。地球環境を総合的に理解し、その知識を理科教育や環境教育に活用できる人材を養成しています。地球の歴史や構造を地層・岩石・化石から解読する能力を習得します。
 理科教育学教室では、教材研究、教育法、実践教育などの理科教育学に関する研究をおこなっています。特に、イオン概念やエネルギー概念の系統的指導法の研究や熱分析学・質量分析学(化学分野)の研究をおこないながら、理科の知識を身につけ理科教員としての資質を高めるための教育をしています。

数学教育サブコース

数学教育サブコース

 小学校の算数から高校の数学までの数学教育を見通して、数学教育に関する基本的な知識や技量の修得をはじめ、専門数学への見識を高め、その力量をつけることができます。特に、3年後期には数学教育と専門科目の総合的な演習講義があり、教員採用試験の準備にもなるように配慮しています。また3年後期から4年生にかけては少人数のゼミが中心で、教員のアドバイスが直接受けられます。数学科教育に関しては1人、専門数学に関しては代数学1人、幾何学1人(数学科教育と兼任)、解析学1人、応用数学1人の専門家がいます。卒業年次にこれらの専門家の指導の下で卒業研究をおこないます。さらに研究を続けたい人のために大学院があります。現職の教員や他大学出身の学生等も学んでおり、有意義な研究交流ができ、より深い見識を身につけることができます。

数学教育サブコース
フレーム