小学部

小学部の概要

小学部の活動について

小学部の学部目標

小学部では、「基本的生活習慣の確立を目ざすとともに、仲間と楽しく活動しようとする意欲や態度を養う」という目標のもと、さまざまな教育活動を行っています。
生活そのものの中で子どもたちの成長を促そうと、登校から下校まで、学校の様々な生活場面やそれぞれの生活年齢を考慮して必然性のある活動を多く取り入れたり、生活集団や生活内容を工夫したりしています。

 

小学部の活動

*くらし(午前・午後)

低・中・高学年の2学年で組まれたクラスでの活動が基本となります。
午前には、身の回りのことや係活動、朝の会、個別学習を行います。朝の会では、健康観察・今日の予定の確認などを行い、クラスの仲間への意識づくりも大切にしています。個別学習やグループ学習では、文字や数、言葉などの基礎学力に関する学習や、その前提となる基礎的認知力、手指の巧緻性を高める活動を行います。
午後には、給食や掃除などがあります。給食は、自分たちで配膳します。一人一役の分担制、当番制、セルフサービスなど実態に応じていろいろな方法を取り入れます。

  
*のびのびタイム(遊び)

子どもたちの興味・関心や発達課題などのニーズから出発し、子どもたちと共に活動を作り出しています。
他の子を見て真似る、学ぶなどして、興味・関心を広げていくことや、人との関わりから,遊びのルールやコミュニケーションの理解を高めることをねらっています。
また、道具を使って遊び、手指の巧緻性を高めたり、お店屋さんごっこなどで言葉や数の力を高めたりなど、様々なニーズを織り交ぜて活動を構成しています。

  

 

*のびのびタイム(運動)

ランニングやボール運動、器械運動、水泳、風船バレーなどを行い、体力の向上や全身の動きを高めることをねらっています。

  

 

*のびのびタイム(表現)

音楽的な活動では、ジャンジャンタイム(音楽遊び的集団活動)や歌、楽器演奏、リズム運動、鑑賞、リトミックなどを行います。造形的な活動では、絵画や工作、手芸、書写、鑑賞などを行います。様々な表現活動を通して、自己表現力や共同性を高めることをねらっています。

  

 

*のびのびタイム(テーマ活動)

テーマ活動とは、学校生活や行事に関連したテーマを設けてその解決や実現に向けた一連の学習活動を指します。畑での野菜の栽培や収穫、調理、販売といった活動や修学旅行や校外合宿などの行事の事前・事後学習、学校祭のステージ発表に向けての練習などに取り組みます。